法務委員会、文部科学委員会で質問

2016年5月19日

5/18 法務委員会と文部科学委員会で質問
昨日、法務委員会と文科委員会で、質問に臨みました。
法務委員会では熊本地震に便乗した空き巣犯罪に厳罰をもって厳正に対処するべきこと、現在参議院で審議中の総合法律支援法で実施予定の法テラスでの無料法律相談について質問。
福島県選出の岩城法務大臣からは法案の早期成立、熊本地震における速やかな実施、出張法テラスに前向きな答弁がありま
した。

衆議院法務委員会で質問

衆議院法務委員会で質問

文科委員会ではフリースクール・夜間中学校に関する議員立法が採択寸前でそうできなかったことに強い遺憾の意を表明。
非構造部材に対する学校の耐震化の加速と九州への修学旅行の安全な実施に向けての取り組み、震災直後に自ら被災しながら、自主的にボランティア活動に身を投じてくれた小中高校生に表彰などの光を当ててほしいと要望。
馳文科大臣からは耐震化を徹底的にやり抜く決意、表彰への積極的な後押しを答弁いただきました。
一日で2回の質問は初めての体験で、大変でしたが、国民の皆様のために多く仕事をできることに感謝の思いで一杯です。頑張ります。

衆議院文部科学委員会で質問

衆議院文部科学委員会で質問

コメントは受け付けていません。

  • 吉田宣弘フェイスブック
  • 九州公明党
  • 公明党