2016年11月

下関北九州道路の早期実現を

2016年11月28日 月曜日

石井国土交通大臣、秋野公造参議院議員らと、下関北九州道路建設想定地から関門海峡を挟み、下関市を臨む。(写真)
国が凍結していた海峡プロジェクトの一つであった下関北九州道路が秋野公造参議院議員と公明党北九州市議団の尽力により、氷解。
私の11月16日の国土交通委員会の質問で、石井国土交通大臣から今後ゼロベースで必要性を再整理する、との答弁が示され、11月20日の視察となりました。
凍結事業が解かれることは極めて異例です。秋野参議院議員の努力は凄まじいものがありました。私の質問は全て秋野参議院議員と公明党北九州市議団の努力の上に築かれたものです。
これからゼロベースの整理を経ながら、地元から要望を継続してゆかなければなりません。地元の声を強める意味でも、充実させる意味でも、明年明けの北九州市議会議員選挙を完勝しなければなりません。
北九州市議会議員選挙に全力投球して参ります!

石井国交相らと下関北九州道路建設想定地を視察

石井国交相らと下関北九州道路建設想定地を視察

石井国交相と博多の陥没事故現場と北九州を視察

2016年11月20日 日曜日

石井国土交通大臣に同行。
博多駅前の陥没事故現場を視察。
11月16日に行われた衆議院国土交通委員会にて、同事故について質問。それを受け、石井国土交通大臣の現場視察に同行。この事故はあってはならない事故でした。徹底的な原因究明、分析を経て、この経験を再発防止に活かして行かなければなりません。
その後、北九州市内へ。
響灘の洋上風力発電計画、国道3号線の黒崎バイパス、下関北九州道路の必要性を確認すべく、日明海峡釣り公園から下関市を望み、海上保安庁の保安船くにさきへの大臣激励、関門トンネル、関門橋、北九州空港道路の延伸計画地と石井国土交通大臣に同行しました。
特に下関北九州道路は秋野公造参議院議員が粘り強く、その実現に取り組んできたところ、開かずの扉が開きはじめました。今後福岡県、北九州市、山口県、下関市が強く連携し、思いを一つに訴えて行かねばなりません。公明党のネットワーク力で実現すべく、全力で取り組んで参ります!
各地で精力的に視察を重ねる国土交通大臣に感銘を受けながら、北九州市の発展のため、いずれの事業も不可欠であるとの思いを強く致しました。

博多駅前の陥没事故現場を視察

博多駅前の陥没事故現場を視察

日明海峡釣り公園を視察(北九州市)

日明海峡釣り公園を視察(北九州市)

新北九州空港道路を視察

新北九州空港道路を視察

法務委員会と文部科学委員会で質問

2016年11月19日 土曜日

11月18日は、法務委員会と文部科学委員会で質問。
19日は、沖縄で在沖縄米軍基地調査WTに出席。
法務委員会では、民法の債権関係の大改正に関わる質問に臨みました。
私が法律の勉強を始めた当時、民法はカタカナ表記の文語体でした。途中、口語体に変わり、民法制定から120年、積み重なった判例や実務を踏まえ、今般の大改正をむかえました。
過去に勉強した思い出を懐かしみながら、質問。民法は私法の基礎法です。国民生活に資する質問に努めて参ります。
文部科学委員会では、教育機会確保法の質問。不登校児童に普通教育の機会を確保することを目的とした法律です。この法律が素晴らしい点は、教育機会の確保とともに児童・生徒の休養の必要性について最大限配慮する建てつけとなっている点です。その後、採決され、共産・社民の反対がありましたが、可決されました。11月22日の本会議で議決され、参議院に送られる予定です。
因みに、この法律は先の通常国会で成立するはずでした。しかし、法案提出者であるはずの政党から、その政党の参議院から、共産が反対しているから参議院では審議できないという申し出があり、衆議院での採決を出来なかった、という経過がありました。採決予定日の当日でした。タイミングは参議院議員選挙の前。不登校児童・生徒への配慮より選挙目当てで野党共闘を優先した、ということです。残念でなりませんでした。
19日に行われた在沖縄米軍基地調査WTでは、これまでの議論と視察を踏まえ、論点整理し、まとめを行う目的。しかし、アメリカ大統領選挙の結果や議論の進捗から、さらに視察、新たな論点調査を行うことが決まり、まとめは延期することになりました。
柱は①日米地位協定の見直しを含めた検討、②米軍基地の返還加速化、③普天間基地の移設。
沖縄県民に寄り添いながら、進めて参ります。
三枚目の写真は会議の後に行われた、マスコミ取材の様子です。

衆議院法務委員会で民法改正について質問

衆議院法務委員会で民法改正について質問

党在沖縄米軍基地調査ワーキングチームの会議にて(那覇市)

党在沖縄米軍基地調査ワーキングチームの会議にて(那覇市)

党沖縄基地WT会合の後のマスコミ取材のようす

党沖縄基地WT会合の後のマスコミ取材のようす

長崎県雲仙市を視察

2016年11月13日 日曜日

平野雲仙市議の案内で、終日島原半島で活動。
途中、世界遺産に申請されている長崎の教会群とキリスト教関連遺産の一つ、原城跡を視察。
天草四郎で有名な島原の乱が起こった場所です。雲仙市のお隣、南島原市にあります。
川崎長崎県議と合流して、八斗木ネギの畑や集荷現場を視察。(写真)若い生産者と意見交換。遠くは名古屋まで出荷しているとのこと。外国人技能実習生も実習しています。
雲仙市役所に金澤秀三郎市長を訪ね、そのまま市長も陪席のもと酪農、ブロッコリー、お茶、イチゴ、八斗木ネギの生産者と農業政策について意見交換させて頂きました。
TPPは不透明ですが、農業生産者の立場に立った農政の構築に全力投球して参ります!

長崎県雲仙市を視察(画像は八斗木ネギ)

長崎県雲仙市を視察(画像は八斗木ネギ)

熊本県嘉島町と山都町を訪問

2016年11月7日 月曜日

10月に開催された熊本地震復興会議にて、嘉島町と山都町から要望が出された被災農地査定申請への人的支援策について、取組を報告すべく伺いました。
この件については遠山清彦衆議院議員と一緒に城下熊本県本部代表と連携を取りながら取り組んで参りました。
山都町からは新たな要望もお受けいたしました。これからも熊本の創造的復興に向けて、全力で支援に取り組んで参ります!

熊本県嘉島町と山都町を訪問(画像は山都町役場)

熊本県嘉島町と山都町を訪問(画像は山都町役場)

  • 吉田宣弘フェイスブック
  • 九州公明党
  • 公明党