石井国交相と博多の陥没事故現場と北九州を視察

2016年11月20日

石井国土交通大臣に同行。
博多駅前の陥没事故現場を視察。
11月16日に行われた衆議院国土交通委員会にて、同事故について質問。それを受け、石井国土交通大臣の現場視察に同行。この事故はあってはならない事故でした。徹底的な原因究明、分析を経て、この経験を再発防止に活かして行かなければなりません。
その後、北九州市内へ。
響灘の洋上風力発電計画、国道3号線の黒崎バイパス、下関北九州道路の必要性を確認すべく、日明海峡釣り公園から下関市を望み、海上保安庁の保安船くにさきへの大臣激励、関門トンネル、関門橋、北九州空港道路の延伸計画地と石井国土交通大臣に同行しました。
特に下関北九州道路は秋野公造参議院議員が粘り強く、その実現に取り組んできたところ、開かずの扉が開きはじめました。今後福岡県、北九州市、山口県、下関市が強く連携し、思いを一つに訴えて行かねばなりません。公明党のネットワーク力で実現すべく、全力で取り組んで参ります!
各地で精力的に視察を重ねる国土交通大臣に感銘を受けながら、北九州市の発展のため、いずれの事業も不可欠であるとの思いを強く致しました。

博多駅前の陥没事故現場を視察

博多駅前の陥没事故現場を視察

日明海峡釣り公園を視察(北九州市)

日明海峡釣り公園を視察(北九州市)

新北九州空港道路を視察

新北九州空港道路を視察

コメントは受け付けていません。

  • 吉田宣弘フェイスブック
  • 九州公明党
  • 公明党