下関北九州道路の早期実現を

2016年11月28日

石井国土交通大臣、秋野公造参議院議員らと、下関北九州道路建設想定地から関門海峡を挟み、下関市を臨む。(写真)
国が凍結していた海峡プロジェクトの一つであった下関北九州道路が秋野公造参議院議員と公明党北九州市議団の尽力により、氷解。
私の11月16日の国土交通委員会の質問で、石井国土交通大臣から今後ゼロベースで必要性を再整理する、との答弁が示され、11月20日の視察となりました。
凍結事業が解かれることは極めて異例です。秋野参議院議員の努力は凄まじいものがありました。私の質問は全て秋野参議院議員と公明党北九州市議団の努力の上に築かれたものです。
これからゼロベースの整理を経ながら、地元から要望を継続してゆかなければなりません。地元の声を強める意味でも、充実させる意味でも、明年明けの北九州市議会議員選挙を完勝しなければなりません。
北九州市議会議員選挙に全力投球して参ります!

石井国交相らと下関北九州道路建設想定地を視察

石井国交相らと下関北九州道路建設想定地を視察

コメントは受け付けていません。

  • 吉田宣弘フェイスブック
  • 九州公明党
  • 公明党