2016年3月

菅官房長官に申し入れ

2016年3月16日 水曜日

3月15日 首相官邸にて菅官房長官へ申入れ。
高瀬ひろみ予定候補が上京、アキノ公造参議院議員と九州・沖縄選出国会議員団とともに、5歳児の幼児教育無償化等、奨学金の拡充、介護休業等の拡充を求める、それぞれの署名を携えて、菅官房長官へ。
署名に協力して下さった30万以上の皆様に心から感謝申し上げます。
必ず政策の実現につなげて参ります!
本日は法務委員会の後、北九州へ日帰りで、高瀬ひろみ予定候補とともに頑張ります!

菅官房長官に申し入れ

菅官房長官に申し入れ

法務委員会にて質疑

2016年3月10日 木曜日

3月9日法務委員会にて質疑。
18歳選挙権の実施に向けて、主権者教育を充実させるため、法務省が取り組む学童期からの法教育について質問。
主権者教育は文科省、法教育は法務省、主権者教育と法教育が接続することを提案。
次に、犯罪被害者支援策の充実、さらに、オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて、たくさんの外国人観光客を受け入れる入国施設やマンパワーの充実、併せてテロ対策を質問。
最後に、法務局人員の純減の程度が激しい点について、登記実務の停滞が、経済発展や都市開発、復興事業の遅れを招きかねないとの観点から、合理性を欠く人員減は行われてはならないと主張。岩城法務大臣から前向きな答弁を頂きました。
いつも厳しい時間との闘いですが、日本一働く国会議員に成長すべく、アキノ公造参議院議員、埼玉の西田まこと参議院幹事長を目標に頑張って参ります。

法務委員会で法務大臣に質問

法務委員会で法務大臣に質問

予算委員会の最終日

2016年3月2日 水曜日

3月1日、衆議院予算委員会最終日、締め括り総括質疑の後、平成28年度予算三案について賛成の立場から討論致しました。

冒頭過日の予算委員会における某党議員による公明党への理由なき誹謗中傷とその後の某党の不誠実な態度に対し厳しく
抗議、謝罪と撤回を求めました。

そして、一億総活躍社会を実現する予算であること。経済の好循環の実現を後押しする予算であること。東日本大震災からの復興を加速化する予算であること。経済再生と財政健全化を両立する予算であることの観点から賛成の理由を申し述べました。

委員会終了後、平成28年度予算は本会議にて、先輩の浮島智子衆議院議員の賛成討論を経て、可決。参議院に送られました。参議院でも充実した審議になると思います。

衆議院は、これから法案等の審議で各委員会が本格始動します。

激務の継続が予想されますが、全力で頑張って参ります。

衆議院予算委員会での賛成討論

衆議院予算委員会での賛成討論

  • 吉田宣弘フェイスブック
  • 九州公明党
  • 公明党